教員紹介

校長・教務主任

髙﨑誠一(たかさき まさかず)

法政大学文学部日本文学科卒
東京ロシア語学院本科卒
社団法人日本語教育学会認定日本語教育能力検定試験合格

 私は日本語教師になる前、ロシア語通訳として文化交流・外交交渉・海運(船舶乗務)・観光・貿易・工業など、様々な分野に携わってきました。外国語習得の難しさ、国際舞台で働く大変さを知っています。「日本で学びたい」「日本の企業で働きたい」「母国と日本の懸け橋になりたい」という夢を持つ皆さんに、実体験に基づくアドバイスができます。また、大学では日本の言語史、芸能史、美術史なども学びました。日本語の背景にある日本の歴史や文化についても教えることができます。言葉の習得は簡単ではありません。在学中は趣味も遊びも忘れて勉強に励む覚悟が必要です。しかし、ただ必死に知識を蓄え、日本語能力試験や大学・専門学校の入学試験に合格するだけでは「目的達成」とはいえません。大切なのはその後です。大学や専門学校に進学した後も、日本語による専門的な講義が理解できる、日本人の先生や学生と意見を交わすことができる、日本語でレポートや論文を書くことができる。つまり、日本の学生と同じように、「読む・書く・聞く・話す」ができる日本語の四技能を身に付けなければならないのです。そんな「言葉の壁」を打ち砕き、「私は日本語ができます」と胸を張って言えるようになる「科学的な日本語習得法」がこの学校にはあります。「国際舞台で活躍したい」「祖国の発展に貢献したい」「日本で専門技術を身に付けたい」「家族に楽な生活をさせたい」。皆さんの目標は、私の目標です。中部国際学院は、皆さんの夢を必ず実現させます。

タイトルとURLをコピーしました