学校指針

理事長挨拶

理事長

加藤 鵬

北京師範大学卒
イギリスノッティンガム大学大学院修士課程卒
中京法律専門学校行政教養学科卒
名古屋商科大学専任講師
株式会社海鵬 代表取締役
NPO法人中日法律支援協会 理事長

本校を設立しようと思ったきっかけは、私自身の留学の経験です。
文化も、習慣も、言葉も違う環境下で大変な苦労がありました。これから日本で勉強や働く外国の方々には安心して勉学に励める環境を提供したいと思い、本校設立を決意致しました。
私は大学・大学院で教育について学び、また、卒業後は大学で講師を務めた経験もございます。その経験を本校でも活かし、これから本校に通う学生達に少しでも多くの事を学んでほしく思っております。これからの国際社会に貢献できる人材育成の為、本校の職員一丸となって全力で学生たちのサポートを行っていく所存です。

本校の理念と教育目標

 

「より実践的な日本語能力の育成」

日本語学校で日本語を学び、能力試験等に合格できるだけの学力を身に付けても、「読む・書く・聴く・話す」という実践的な運用力が不足しているために、大学や専門学校に進学後、授業が理解できない、レポートや論文を書くことができないといった「言葉の壁」にぶち当たり、実のある学生生活にできなかったという例は少なくありません。

大学や専門学校で専門的な知識や技術を身に付け、本人が希望する分野の仕事に就いて活躍するためには、日本社会で通用するだけの実践的な日本語能力の習得が不可欠です。

私たちは学生が本校を卒業し、進学した先で充実した学生生活を送れること、就職先でも業務に集中できることを見据え、実践的な日本語能力の育成を図っていきます。

それを実現できる運用力重視のカリキュラムも擁していると自負しております。

 

「日本語での高いコミュニケーション能力の育成」

学生の進学先、就職先では日本語での高いコミュニケーション能力が求められます。

高等教育機関での学業は、一方的に講義を聴くものではなく教員や日本人の学生とも積極的に言葉を交わし円滑に意思疎通していかなければなりません。

また、高度人材・技能実習生を受け入れている日本企業でも「母国で専門的な技能を身に付けてきた外国人でも、いざ日本の会社内で仕事をしようと思うと十分な意思疎通ができず円滑に業務ができない」という問題点が指摘されています。

本校では、先述のような「読む・書く・聴く・話す」という実践的な日本語能力を養うと同時に、言葉の裏にある歴史的文化的背景にも触れ、日本で生活する上で必要な習慣やマナーなども指導します。

それと同時に、地域の学校、NPO団体、近隣の人々との交流を図り、実践力も養っていきます。

 

「多文化交流による国際的人材の育成」

学生が日本社会の常識、マナーを学んで日本で円滑な生活を送っていくことが重要であると同時に、言葉や習慣の異なる様々な国の人たちとも共存する包容力も必要となります。

その目的のため、本校は学生も多国籍化を図り、異なる文化・習慣の人たちともお互いに理解し合い、協力し合って学校生活を送っていくことを学ばせます。

 

以上のような教育活動を実践し、日本で必要とされる人材、日本と学生の母国の懸け橋となる人材を育成し、国際社会の発展と学生個々の将来的ビジョンの実現のために貢献して参ります。

 

中部国際学院が選ばれる理由

①リーズナブルな授業料

本校はより多くの学生に学ぶ機会を提供したいと考え、授業料を他校より10%~25%程度引く設定しています。

②実践力が身につくカリキュラム

国内外の多くの日本語学校で使用されている『みんなの日本語』は文法積み上げ式で実践力がつかないと指摘されています。

本校は実践的な四技「読む・書く・聴く・話す」が身につく教材とカリキュラムで、日本での生活に不自由を感じず、大学や専門学校に進学後も授業内容がしっかり理解できる日本語が身につくと定評があります。

③就職先との提携

本校は求人会社との連携により、就職の実績を伸ばしております。そのため就職活動の指導や求人先への案内等も対応可能です。

④学生への奨学金について

本校では優秀な学生に対し、理事長奨学金制度があります。学生は、授業料の半額または全額を免除され、より勉学に励むことができるようになります。

⑤インターネットによる入試手続きの簡略化

遠方の方や社会人の方の応募機会を増やすため、応募手続きも簡略化しました。インターネットを活用し、容易に応募することができます。

タイトルとURLをコピーしました