募集要項

コース名 入学時期 授業時間(2部制)
進学2年コース 4月 午前クラス8:40~12:10 午後クラス13:10~16:40
進学1年6か月コース 10月 午前クラス8:40~12:10 午後クラス13:10~16:40

 

応募資格

 

進学コース

  1. 母国で12年以上の教育課程を受け、高校卒業に相当する学歴を有する方(学校卒業5年以上の方は要相談)
  2. 心身ともに健康で、日本の法令、本校の学則等を順守できる方。
  3. 入学後3か月間、アルバイトに従事しないことを承諾できる方。
  4. 日本語能力試験N5レベル以上の能力がある方。
  5. 経費支弁者に十分な経費支弁能力がある方。

 

選考方法

 提出された書類を審査します。必要に応じて、本人の面接・試験および経費支弁者の面接によって審査します。

 

  • 各コースの詳細

進学2年コース

  • 希望する大学・専門学校に合格するため、日本語能力試験N2以上、日本留学試験250点以上の日本語力を身に付けます。
  • 日本社会で日常的に使われている漢字が理解できるようになります。
  • 長い文章の理解・高度な実用会話・レポートや論文が書ける記述力を身に付け、大学や専門学校に進学した後も不自由なく学業に励むことができます。
クラス 授業時間 学習目標 使用教材
初級 480時間 ・N3レベルの基本的な漢字(約600字)を習得する。

・初級の語彙・文法の効率的な習得と運用力の強化に主眼を置いた教材の使用により、中級以降で学習する知識を効率よく吸収できる日本語の基礎力を確立する。

・実践的なワークを授業に採り入れ、日常生活で不自由を感じない程度のコミュニケーション能力を身に付ける。

J.BridgeⅠ

J.BridgeⅡ

中級 560時間 ・希望する高等教育機関への進学を実現するため、能力試験N2、日本留学試験200点以上得点できる学力を身に付ける。

・N2レベルの基本的な漢字(約1000字を習得する)

・「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく鍛え、自分の意見を口頭・記述でわかりやすく伝えられるだけの表現力身に付ける。

テーマ別中級から学ぶ日本語

日本語能力試験対策

日本留学試験対策

上級 560時間 ・希望する高等教育機関への進学を実現するため、能力試験N2以上、日本留学試験250点以上得点できる学力を身に付ける。

・日本社会で日常的に使われている漢字が概ね理解できるようにする。

・長文読解・高度な実用会話・レポート論文の記述力・プレゼンテーション・ディスカッションなど実践的な日本語能力を身に付け、高等教育機関に進学後も支障なく学業に励めるようにする。

テーマ別上級で学ぶ日本語

日本語能力試験対策

日本留学試験対策

 

進学1年6か月コース

  • 希望する大学・専門学校に合格するため、日本語能力試験N2、日本留学試験200点以上の日本語力を身に付けます。
  • N2レベルの漢字(約1000字)が理解できるようになります。
  • 長い文章の理解・高度な実用会話・レポートや論文が書ける記述力を身に付け、大学や専門学校に進学した後も不自由なく学業に励むことができます。
クラス 授業時間 学習目標 使用教材
初級 480時間 ・N3レベルの基本的な漢字(約600字)を習得する。

・初級の語彙・文法の効率的な習得と運用力の強化に主眼を置いた教材の使用により、中級以降で学習する知識を効率よく吸収できる日本語の基礎力を確立する。

・実践的なワークを授業に採り入れ、日常生活で不自由を感じない程度のコミュニケーション能力を身に付ける。

J.BridgeⅠ

J.BridgeⅡ

中級 480時間 ・N2レベルの基本的な漢字(約1000字を習得する)

・「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく鍛え、自分の意見を口頭・記述でわかりやすく伝えられるだけの表現力身に付ける。

テーマ別中級から学ぶ日本語

日本語能力試験対策

日本留学試験対策

中上級 240時間 ・希望する高等教育機関への進学を実現するため、能力試験N2、日本留学試験200点以上得点できる学力を身に付ける。

・日本社会で日常的に使われている漢字が概ね理解できるようにする。

・長文読解・高度な実用会話・レポート論文の記述力・プレゼンテーション・ディスカッションなど実践的な日本語能力を身に付け、高等教育機関に進学後も支障なく学業に励めるようにする。

新中級から上級への日本語

日本語能力試験対策

日本留学試験対策

クラス 授業時間 学習目標 使用教材
初級 240時間 ・N3レベルの基本的な漢字(約600字)を復習、定着させる。

・初級の語彙・文法の効率的な習得と運用力の強化に主眼を置いた教材の使用により、中級以降で学習する知識を効率よく吸収できる日本語の基礎力を確立する。実践的なワークを授業に採り入れ、日常生活で不自由を感じない程度のコミュニケーション能力を身に付ける。

J.BridgeⅡ
中級 360時間 ・N2レベルの基本的な漢字(約1000字を習得する)

・「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく鍛え、自分の意見を口頭・記述でわかりやすく伝えられるだけの表現力身に付ける。

テーマ別中級から学ぶ日本語
中上級 200時間 ・日本社会で日常的に使われている漢字が概ね理解できるようにする。

・長文読解・高度な実用会話能力を身に付け、企業に就職後も支障なく業務に励めるようにする。

新中級から上級への日本語

 

学費

コース名 授業時間数 授業料 施設・設備 入学金 合計
進学2年コース 1600時間 144万円 6万円 3万円 153万円
進学1年6か月コース 1200時間 108万円 4.5万円 3万円 115.5万円

保険料が別途1万円(年間)かかります。

教材費が別途2万円(年間)かかります。

入学検定料は3万円となります。

 

出願期間

4月入学  2020年9月~11月中旬

10月入学  2021年3月~5月中旬

 

【募集要項ダウンロード】

入学願書ダウンロードはこちら

 

【出願から入学までのプロセス】

  1. 募集要項・入学願書をダウンロード
  2. 必要書類の準備(高校の卒業証書・成績証明書等)
  3. 入学願書・調査票に必要事項を記入
  4. 入学願書の提出
  5. 書類審査
  6. 合格者に入学許可証発行
  7. 出入国在留管理局に留学ビザ申請
  8. 結果発表、留学ビザの交付
  9. 入学金・授業料等の支払い
  10. 在留資格認定証明書・入学許可書の送付
  11. 日本大使館(領事館)で留学ビザを申請
  12. 来日・入寮
  13. 入学式

 

タイトルとURLをコピーしました